よくあるご質問

2005年12月の発売以来、青みかんの奇跡の特長や用法などについて、たくさんの質問をいただいています。
Q:1 青みかんの奇跡の摂取量の目安はどれくらいですか?
Q:2 みかんといえばビタミンCを思い浮かべますが、青みかんの奇跡にも含まれていますか?
Q:3 ビタミンCを添加している理由は何ですか?
Q:4 青みかんの奇跡はどんな味なのでしょうか?
Q:5 乳幼児への上手な食べさせ方はありますか?
Q:6 錠剤を溶き食品に混ぜて子供に食べさせたいのですが、お湯に溶いたとき成分はどうなりますか?
Q:7 飲むタイミングは食後ですか?
Q:8 最近、糖転移ヘスペリジンとか水溶性ヘスペリジンとかをよく耳にするのですが、これらを使用した製品と
   の違いは何ですか?
Q:9 残留農薬の心配はありませんか?
Q:10 妊娠中や授乳期に摂取しても大丈夫でしょうか?
Q:11 カユかゆやムズむずが出てから摂取しても良いでしょうか?

青みかんの奇跡の摂取量の目安はどれくらいですか?

青みかんの奇跡は、1日6〜7粒を目安に、水またはぬるま湯でお召し上がりください。

みかんといえばビタミンCを思い浮かべますが、青みかんの奇跡にも含まれていますか?

残念ながら「天、二物を与えず」で、未熟期の温州みかんにはビタミンCは極僅かしか含まれていません。
したがって、青みかんの奇跡では錠剤の製造工程で添加しています。
原料はコーンスターチ(トウモロコシ)で、もちろん遺伝子組み換え原料は不使用です。

ビタミンCを添加している理由は何ですか?

ビタミンCのはたらきは、免疫力向上、抗ストレス、コラーゲン生成、悪玉コレステロール減少、しみ・そばかす減少等々といわれています。
ヘスペリジンとビタミンCは相性が良く、ヘスペリジンは壊れやすいビタミンCを安定させ、補強するといわれています。

青みかんの奇跡はどんな味なのでしょうか?

錠剤を噛むと、渋いというか苦い味です。したがって、ぬるま湯または水で噛まずに飲んでください。

乳幼児への上手な食べさせ方はありますか?

小さく砕き袋オブラートや嚥下補助ゼリーを使用してお子様にうまく食べさせている例が報告されています。
チュアブル錠やグミもありますので、こちらならそのまま食べてもらえるかもしれませんね。

錠剤を溶き食品に混ぜて子供に食べさせたいのですが、お湯に溶いたとき成分はどうなりますか?

ヘスペリジンと食物繊維は耐熱性に優れています(熱に強い)ので、効果に変化はありません。ただし、ビタミンCは熱に弱く劣化します。

飲むタイミングは食後ですか?

食品ですので、特に制約はありません。
一般的に、食後は胃の活動が活発化して当然吸収性が良くなるので、おすすめは食後ですが、ご自分の生活サイクルの中で、適時お召し上がりください。

最近、糖転移ヘスペリジンとか水溶性ヘスペリジンとかをよく耳にするのですが、これらを使用した製品との違いは何ですか?

ヘスペリジンは水に溶け難い性質を持っています。そこで、水溶性を高めたのが糖転移ヘスペリジンです。しかし、ヘスペリジンは胃酸により溶解し胃で吸収されるメカニズムですので、水溶性だからといってヘスペリジンのはたらきが良いとはいえません。
天然の青みかんを“まるごと”使用することにより、ホールフーズWholefoodsの力を発揮するといわれています。

残留農薬の心配はありませんか?

心配ありません。
農薬散布は、散布回数ゼロあるいは通常5回散布のところを1回散布で栽培管理しています。もちろん、錠剤製品の残留農薬検査も実施しています。

妊娠中や授乳期に摂取しても大丈夫でしょうか?

食品ですので、基本的には摂取して差し支えないと考えます。
しかしながら、妊娠中や産後は普通の健康状態と違って、デリケートな体質になっていること、また母体を通しての胎児または乳児への影響については不明な点が多いことから、ご心配の際は摂取をお控えいただくか、あるいはかかりつけの医師にご相談いただくようお願いしております。

カユかゆムズむずが出てから摂取しても良いでしょうか?

常時摂取して体質改善につとめることがベストですが、遅くともカユかゆムズむずが出る約1ヶ月くらい前には摂取を開始することをおすすめします。
比較的早く楽になることが実感できるのも青みかんの奇跡の大きな特徴ですが、やはり早い時期から摂取する体調管理が欠かせません。

ホームページ制作会社のウィズユー