青みかん何でも情報室

青みかんとは、サプリに丸ごと使用の理由、栽培と収穫、青みかんサプリの製造工程、春夏秋冬の健康注意報など。これであなたも"青みかん博士"
1 青みかんとは?(青切りみかんとは?)
2 完熟するとヘスペリジンは大幅に減少
3 ヘスペリジンが多いのは果肉ではなく中果皮・・・青みかん丸ごと使用の理由(1)
4 ホールフーズ Wholefoods・・・青みかん丸ごと使用の理由(2)
5 青みかんの収穫〜品質管理
6 遠赤外線低定温乾燥が品質管理の決め手
7 春夏秋冬の温湿度変化と健康注意報

青みかんとは?(青切りみかんとは?)

青みかんと聞いても、??具体的にイメージできない方もいらっしゃるかと、思います。よく青切りみかんと間違われるのですが、青切りみかんは、温州みかんの中で一番最初に収穫されるもので、極早生という品種です。この極早生みかんを、通常の収穫時期より少し早め(9月)に収穫したものを青切りみかんと呼んでいます。やや酸味のきいた食味が特長です。
写真右が完熟みかんで、M規格で直径約6p重さ80g〜100gくらいです。写真左上が青みかんで、青切りみかんと異なり、夏の未熟な時期(7月)に摘果します。直径約2p重さ約20gくらいのときに、一番ヘスペリジンの含有量が多くなります。


完熟するとヘスペリジンは大幅に減少

温州みかんに含まれるヘスペリジンは、次の通り変化します。
単位は重量比です。
【未熟期:7月】
青みかん〔乾燥〕:12.0%
青みかん〔生果〕:2.4%
【完熟期:11月】
完熟みかん〔乾燥〕:1.2%
完熟みかん〔生果〕:0.15%
【完熟期:12月】
検出せず

ヘスペリジンが多いのは果肉ではなく中果皮・・・青みかん丸ごと使用の理由(1)

前項では、ヘスペリジン含有量の季節的推移を見てみましたが、ここでは、みかんの部位による差異を見てみましょう。
ヘスペリジンは、みかん果実に均等に含まれているわけではありません。果肉よりも、外果皮・中果皮、特に外果皮と果肉の間にある白い中果皮に最も多く含まれています。果肉に対し袋は50倍、中果皮はなんと300倍のヘスペリジンを含有しているといわれています。食べる時わざわざ取ってしまう中果皮ですが、健康のためにはそのまま食べることが必要なんですね。
アレルエイド・サプリが青みかんを丸ごと使用する理由の一つは、まさにここにあるわけです。




ホールフーズ Wholefoods・・・青みかん丸ごと使用の理由(2)

アレルエイド・サプリが青みかんを丸ごと使用するもう一つの理由を、簡単に説明しましょう。
天然の青みかんを丸ごと使用することにより、ヘスペリジン以外の未熟期の温州みかん特有の有用成分とのホールフーズWholefoodsの力を発揮するといわれています。
つまり、ホールフーズ(Wholefoods、一物全体)、これが、青みかん丸ごと使用のもう一つの理由です。ホールフーズ・サプリ、それが青みかんサプリなのです。
青みかんのこの素晴らしい力を、ヘスペリジン単体に置き換えることはできないのです。
近年よく耳にする“ホールフーズ”とは、作物を丸ごと食べること。お米なら玄米をまるごと。野菜なら根も葉も皮もまるごと。果物も然り。全体を食べることによって、その作物の栄養をすべて摂り入れることができます。

青みかんの収穫〜品質管理

■近大青ミカン組合(188軒加盟)を結成し、栽培・収穫法を協議して生産者ごとに責任収穫します。
■原料は摘果・落下した果実ではなく“栽培品”です。落下果実は直ぐに腐敗するので、原料としません。
■栽培期間中化学合成農薬不使用の特別栽培農産物と化学合成農薬節減(使用回数1回:当地比8割減)の
  特別栽培農産物を原料にしています。
■収穫後ただちに成分含有量と農薬の有無をチェックします。
■近畿大学湯浅農場に集荷し、果皮に付着した埃や空気中に飛散してついた農薬などをブラシで水洗浄し、風
  力脱水した後、急速冷凍室に運びます。



遠赤外線低定温乾燥が品質管理の決め手

■急速冷凍の採用が、品質管理に大きく影響します。
■解凍は、冷蔵庫内での自然解凍で行います。
■解凍原料をスライスし、素材の有用成分(色・香り・成分など)の残留性に優れた 遠赤外線低定温乾燥機
  丁寧に乾燥し、その後粉末加工・打錠加工を経て、アレルエイド・サプリ青みかんの奇跡が出来上がります。
  ※青みかんスライス乾燥品の写真に見られるように、まさに“素のままドライ”といえます。
○青みかんの栽培からサプリメントの製品化まで、このような丁寧な工程を的確に管理することにより、はじめて
  青みかん丸ごと(ホールフーズWhole Foods、一物全体)摂取の力を発揮し、
  皆様に安心してお召し上がりいただける「アレルエイド・サプリ青みかんの奇跡」が生まれるのです。

春夏秋冬の温・湿度変化と健康注意報

気象統計情報〔気象庁〕から、温湿度の変化が体調に及ぼす影響をビジュアル化してみました。
【三軸棒グラフ:気温の変化】青緑色(左)=平均気温
                  紫色(中)=最高気温
                  黄色(右)=最低気温
【折れ線グラフ:湿度の変化】橙色(上)=平均湿度
                  緑色(下)=最低湿度
こうして改めてビジュアル化してみると、春と秋のほんの一時期を除き、乾燥期〜多汗期〜乾燥期の繰り返しなんですね。




ホームページ制作会社のウィズユー